2006年01月19日

ゆず

おととい、須藤真澄さんの
「長い長いさんぽ」(エンターブレイン刊)という
コミックの新刊を読みました。

その中の、書名と同じ「長い長いさんぽ」という作品で
須藤さんの愛猫ゆずのお空への旅立ちが描かれているのですが、
もう読んでて号泣。はじまって2ページ目からダラダラ。うあああ。

須藤さんは「ゆず」との暮らしを
10年以上前からコミックにされていて、
そのころからずっと読んでいたので
なんというか、親しい猫が逝ってしまったようにかなしい。

逝ってしまったことは知ってたし、
そういう作品だと分かってて買ったのだけれど
めちゃめちゃ泣いてしまいました。ううう。
読んだ後おカルを撫でまくってしまった(当社通常比2倍位)。

猫と暮らしている方にはお勧めです。
じぶんちの猫にやさしくなれます(^^)。
「ゆず」(秋田書店刊・文庫)とあわせてどうぞ。

須藤さんのサイトはこちら

posted by aya at 08:13| Comment(2) | TrackBack(0) | おカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。